エンタープライズプランの例

中規模コンタクトセンター向け

見積り前提:
月間4,000件の着信、100件のFAQ、平均通話時間3分
日本語のみ、電話番号1つ、最大25件の同時通話、SMSなし、録音なし、オペレーターへの転送なし、API統合オプションなし

初期費用 15万円(シナリオ設計・構築費を含む)
年間コスト 168万円((月額 14万円、電話番号・通話料込み)

参考情報:
600円/件 * 4,000件/月 = 240万円/月(日本市場で人間のオペレーターが対応した場合の試算。) 当社のサービスをご利用いただくと、月額費用が20分の1(5%)になります。また、サービス時間は24時間365日に拡大します。
 

大規模コンタクトセンター向け

概要:
月間30,000件の着信、500件のFAQ 平均通話時間3分
日本語のみ、電話番号1つ、最大300件の同時通話、SMSなし、録音なし、オペレーターへの転送なし、API統合 オプションなし

初期費用 83万円(シナリオ設計費、構築費含む)

年間のコスト1,200万円(月額 100万円、電話番号・通話料込み) 

参考情報
600円/件 * 30,000件/月 = 1,800万円/月(日本市場で人間のオペレーターが対応した場合の試算。) 当社のサービスをご利用いただくと、月額費用が18分の1(6%)になります。また、サービス時間は24時間365日に拡大します。


発信業務の場合

月間5,000コールの場合(日次平均227件 * 22営業日)
2つの主要コールフロー(配送のお知らせ、支払い遅延の督促)。

初期費用 25万円(シナリオ設計費、構築費を含む)

年間のコスト792万円(月額約66万円、電話番号・発信料込み) 

 

 

関連記事

AI電話「ディライト アシスタント」が混雑状況を電話で自動応答
戻る 店舗やフィットネスクラブ、シェアオフィスなどで 店舗やフィットネスクラブ、シェアオフィスなどでは、自動的に店舗やフィットネスクラブのロゴを表示するサービスを開始しました。
続きを読む
AI電話とIVR(自動音声応答システム)の比較
現在、企業のコンタクトセンターやコールセンターでは、技術的なソリューションがその役割を果たしており、それによって企業のコストを削減しています。
続きを読む
AI電話 と gmail、google カレンダーを統合することで、どのようにビジネスに役立つか
ビジネスを営んでいれば、インバウンドの電話対応は不可欠ですが、限られた数の中で簡単なことではありません...
続きを読む